カジノ法案を管理人視点で考察!!

オンラインカジノ
カジノ法案 IR 法案

カジノは、国際的な総合エンターテイメント産業

健全なカジノは、日本を元気にする。。

日本人の感覚ではカジノと言えば、パチンコに毛が生えたくらいにしか思っていないでしょう!!

確かにカジノには、とばく場はあるが、、、

それは、カジノにたくさんあるエンターテイメント施設の中の1つで、、、

つまり one of them にに過ぎません。。

あのラスベガスにしても、80年代にはまだ怪しげな街であったが、、、

カジノは、パチンコとは全く違った健全な総合エンターテイメントシティである。。

90年代に入って「ゲーミング法」によってきちんと整備され規制されるようになって

博物館まで備えた総合エンターテイメントシティになったのですよ。。

カジノ法案

オンラインカジノ

因みにラスベガス売り上げ全体でカジノが占める割合は、わずか10%程度です。。

今は、家族ずれで遊べて楽しめる街になってます。。

パチンコの闇

政・官まで絡んだ複雑な利権と深く結びついているパチンコは、

撲滅するしかありません。。

パチンコ業者の中には、カジノに手を出そうとしている者もいます。。

パチンコの体質のままカジノの運営をされることは、

何としても避けなければなりません。。

さもないとカジノが導入された時点で、

汚染が蔓延してしまいます。。

カジノは、民間資本を導入してクリーンに運営されないとなりません。。

クリーンに運営された総合エンターテイメントシティにしなくてはなりません。。

まさにカジノ法案が目指す、、

統合型リゾート=IR(Investor Relations)です。。

カジノ法案はこれを目指すものです。。

幸いに2019年11月14日現在、国会を通過し、カジノ法案・IR 法案は、成立しています。。

スポンサーリンク
シンゲンをフォローする
オンラインカジノをやってみよう!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました