大阪府知事カジノ候補地絞り込む!?

大阪府の松井一郎知事は、

大阪の候補地は「夢洲」に絞りこんだようです。

日本のカジノ解禁にともない、
国内では、数箇所になるような?

関西人としては、夢洲は外せませんね!!!

さて、
そこには当然、
IR施設建設のために巨額マネーが動くわけです。

金融、ゼネコン、デベロッパー、設備機器、
サービスなどの関係者には、
いよいよ大阪府としての意向がまとまってきたっつうところか!?

ここからは、ロイターより引用
【2014年4月14日 ロイター】

カジノ候補地は「夢洲」に絞り込む意向、
巨額投資に期待=松井・大阪府知事

大阪府の松井一郎知事は14日、
ロイターとのインタビューで、
カジノを設置した統合型リゾート(IR)の候補地として、
大阪の湾岸部にある人工島「夢洲(ゆめしま)」
に絞り込む考えを示した。
22日に予定する大阪府・大阪市による
「IR立地準備会議」で表明する方針。

関西へのIR誘致をめぐっては、
同じく湾岸部にある人工島「舞洲(まいしま)」や、
大阪駅北側の「うめきた」の一部などが候補地に挙げられていた。

松井府知事は、
IRの実現は法案通過が大前提だとしながら
「そろそろ候補地を絞り込んで(事業者の)
提案を受けないといけないところに来ている」と言及。
IR事業者には夢洲を軸に、
「大阪らしさ」があり「世界で唯一」となる提案を求めたいとし、
「2020年にはぜひ一部オープンをしたい」との考えを示した。

<相次ぐトップ会談>

松井府知事はこれまで、
メルコ・クラウン・エンターテインメントや
ゲンティン・グループ 、ラスベガス・サンズ 、
シーザーズ・エンターテインメント・グループ といった
カジノ事業者のトップと会談を重ねてきた。
同知事は、いずれの事業者も投資額として
「5000億円以上の数字をよく言われる」と指摘。
「投資額は大きければ大きいほどいい」と述べ、
誘致による地元経済の活性化に期待を寄せた。

東京一極集中の加速により停滞する
地元経済の活性化に向け、大阪府・市は先端技術が
必要となる医療関連産業とともに、
観光産業の将来性にも注目している。
関西では京都や奈良に古寺などの歴史的建造物が数多くあり、
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)なども含め、
観光資源が集積している。

大阪府・市は地元経済団体と連携し昨年、
外国人観光客への情報発信を強化することなどを目的に
「大阪観光局」を設立。
同局は大阪を訪れる外国人旅行者数を2020年に
650万人と、12年の3倍にする目標を掲げている。
昨年12月には、第1回IR立地準備会議を実施。
カジノ誘致に向けた取り組みを加速している。

<2倍以上の敷地>

日本では現在、
カジノの運営は禁止されているものの、
IRを推進する超党派の議員連盟がカジノを
合法化する法案を提出した。
今年の通常国会での審議入りを経て、成立を目指す構え。

また、橋下徹・大阪市長と松井府知事が
所属する地域政党「大阪維新の会」は、
11年秋の府知事・市長ダブル選で、
地域再生策の1つとして、
カジノの誘致をマニフェストに掲げていた。
関西の主要な経済では現在、
関西経済同友会が誘致に積極的な姿勢を見せている。

大阪府によると、
埋め立て工事完了後の夢洲の全体面積は391ヘクタール。
うち170ヘクタールが将来活用用地に位置付けられている。
物流関連施設や運動広場などがすでに立地する舞洲と異なり、
夢洲は一般的なIR敷地面積の2倍以上の土地が活用できる
利点があるほか、東京の湾岸部に比べ地価も安い。

IR候補地への鉄道整備など、
今後必要となるインフラ投資について、
松井府知事は「(IR事業者の)
提案をまず聞きたい」としながら、事業者側に一定の割合で
負担を求めるのが望ましいとの考えを見せた。

IR施設は、確実にアベノミクスの第三の矢になろう。
プロ野球の球団を16球団にっという構想もあるようだが、
真っ先にカジノ法案を一刻も早く成立させることが急務でしょう


コメントを残す