統合型リゾート関西の起爆剤に!

三井住友銀行の蔭山副頭取

読売新聞のインタビューに答え、
大阪府、大阪市が誘致を目指す

カジノを含めた統合型リゾート(IR=Integrated Resort)
について、「関西の主要な観光地がIRを基点に
つかがる。地域活性化の大きな起爆剤になる」
と実現に期待を示した。
IRはホテルやカジノ、国際会議場などを
併設した統合施設で、大阪府は2020年の
東京五輪に合わせた開業を目指している。

大阪には、京都や奈良、神戸などの
観光地が近いことに加え、
「関西国際、伊丹、神戸の3空港が
ある利点は大きい。関西が外国人を
迎える玄関口になる」としている。
blog-OSK2-6s500pix

政府が国家戦略特区に指定した「関西圏」で、
先端医療の集積が進めば、「日本で診療を
受けたい外国人の利用も見込める」と話した。
参考:読売新聞2014年5月23日朝刊

海外資本の注目度や国内の反応も
いよいよカジノ誘致に本格的に
動き出しているように思う。

ペイアウト率の高いオンラインカジノで
思う存分遊んで稼ぎましょう!!

>>ワイルドジャングルカジノ♪♪


コメントを残す