カジノ法案 審議入り!!

統合型リゾート施設(IR)の建設を
目指し特定複合観光施設整備推進法案が
18日衆議院で審議入りしました。

今国会での継続審議となり、
本格的な議論は
今秋の臨時国会となりそうです。

法案は、自民党、日本維新の会、
生活の党が共同提出。

総合型のリゾート(民営の複合施設)の建設を
推進するもので、法の施行から一年以内に
カジノ解禁のための法整備等、
措置を取るよう国に義務づけている。

遅くとも、東京オリンピックまでに
実現させてもらいたいですね。

公明党、一部野党は、相も変わらず、
ギャンブル依存症や、暴力団に資金が流れると
主張してるようです。

それなら、パチンコ等ギャンブルは直ぐに禁止に
するべきでしょう。
それこそ、資金が何処に流れているのか?

このカジノ招致で逆に資金の流れや、
ギャンブル依存症のケア等一挙に
見直しが出来る良い機会ではないか。

雇用の創出にもなり、メリットの方が
大きいと思うが!?


コメントを残す