またまたジャックポット

この年末に、
ワイルドジャングルカジノでジャックポット炸裂!

JP131229_safecracker_s

SafeCrackerをベット額0.75ドルでプレイ中に、
見事に4,050.72ドルのジャックポットを獲得!

さすがにいいね、
師走に入っても、ますますジャックポット連発!!
ワイルドジャングルカジノ!

この調子で、やってみようオンラインカジノ!

そうだやってみようオンラインカジノ!

そうだ!
やってみようオンラインカジノ!

こんなノリで始めてもいいかも知れません。

それぐらい、簡単に始めることが出来るのが

オンラインカジノです。

ゲームを始める為のソフトのダウンロード

カジノサイトのアカウントの開設方法

無料で遊んで、慣れてきたらリアルマネーで、

運がよければ、大金ゲット!

オンラインカジノの事は、

このサイトにお任せください!

こちらは、ブラウザーから直接、
ゲームが出来ます、、、、、!

カジノやりたいなら、ベラジョンカジノ!!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

おすすめカジノ・キャンペーン

ワイルドジャングルカジノ・キャンペーン
キャンペーン名開始期間終了期間対象
初回入金ボーナス - 未定 全ユーザー
内容入金額に対してボーナスを付与。 
最大$800までのボーナス付与が可能。
初回入金ボーナスを受け取るには、
ワイルドのカスタマーサポートに、
ライブチャットかメールをする必要あり。
ボーナス金額の出金には他のボーナスと、
同様の出金制限がかかる。

ワイルドジャングルカジノ・キャンペーン
キャンペーン名開始期間終了期間対象
セカンド入金ボーナス - 未定 全ユーザー
内容入金額に対して100%のボーナスを付与。
最大$300までのボーナス付与が可能。
ボーナスを受け取るには、ワイルドの
カスタマーサポートにライブチャットか
メー ルをする必要あり。
ボーナス金額の出金には他のボーナスと、
同様の出金制限がかかる。

ワイルドジャングルカジノ・キャンペーン
キャンペーン名開始期間終了期間対象
サード入金ボーナス - 未定 全ユーザー
内容入金額に対して100%のボーナスを付与。
最大$300までのボーナス付与が可能。
ボーナスを受け取るには、ワイルドの、
カスタマーサポートにライブチャットか、
メールをする必要あり。
ボーナス金額の出金には他のボーナスと、
同様の出金制限がかかる。


ベラジョンカジノ・キャンペーン
キャンペーン名開始期間終了期間対象
初回入金ボーナス - 未定 全ユーザー
内容入金額に対して100%のボーナスを付与。
最大$100までのボーナス付与が可能。
サポートに申請をしなくても付与される。
ボーナス金額の出金には他のボーナスと、
同様の出金制限がかり、
ボーナスの有効期間が30日間となっています。


32Redカジノ・キャンペーン
キャンペーン名開始期間終了期間対象
ウエルカムボーナス- 未定 全ユーザー
内容入金額に対してボーナスを付与。
$20入金ごとに$32の無料ボーナスを、
獲得でき最大$160までの
ボーナス付与が可能。
ボーナスを受け取るには、
32redにてウェルカムボーナスの
手続きをする必要あり。
ボーナス金額の出金には、
他のボーナスと同様の出金制限がかかる。


管理人おすすめのカジノで、
キャンペーン開催中!

この機会に、カジノデビューしてくださいね!!!

一押しカジノ!


二押しカジノ!

三押しカジノ!

超党派でカジノ法案提出!

維新・小沢氏:超党派のカジノ法案、来週中に国会提出目指す

11月26日(ブルームバーグ):
日本維新の会の小沢鋭仁国対委員長は26日午前、
カジノ解禁に向けた法案を来週中に、
維新や自民党など超党派の議員による共同で国会提出を目指す考えを示した。
国会内でのブルームバーグ・ニュースの取材で語った。
小沢氏は、法案をまとめた国際観光産業振興議員連盟
(IR議連、通称:カジノ議連)の副会長。

小沢氏は自民党も含めた超党派での法案提出が実現した場合は
「法案が成立する見込みが立ったということになり、
決定的なインパクトがある」と指摘。
その上で、「法案が確実に成立することが見込めれば社会的、
経済的にも大きな動きが出てくる」と述べ、
経済などへの波及効果に期待感を示した。
法案はカジノ解禁を含めた
「特定複合観光施設」の整備ができるようにするもの。
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
管理人は、カジノ法案を早く通して、建設に着手せよ!、、と言ってんの!!

これに先立ち、
維新の会は26日朝の国家政策部会で超党派議連の法案を了承。
自民党も22日の内閣部会などの合同会議で、
対応を赤沢亮正・国土交通部会長らに一任、
週内に党内手続きを終える予定だ。
維新の会は先の通常国会で議連の案と同趣旨の法案を、
独自に提出していたが、議連に所属する他党議員と、
今国会で共同提案し来年の通常国会での成立を目指す方針となった。

超党派のIR議連(会長・細田博之自民党幹事長代行)には
自民、民主、公明、維新、みんな、生活
などの国会議員約170人が登録している。ただ、
公明党内などにはカジノ解禁への慎重論があり、
議連に参加する6党が足並みをそろえられるかは不透明だ。

【2013年11月26日 yahoo!ニュース】

またまた、ここからは、管理人の意見です!

公明党は、日本の発展に消極的なんか?
与党でいるのなら、国益のために、性根すえて、
しっかり国政を担ってほしいもの!

ベラジョンカジノで簡単オンラインカジノ! 

ベラジョンカジノへようこそ!


それは・・・と言うと、

『スマホ対応』のブラウザゲーム!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しかも、
『クレジットカード対応』!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

管理人は、基本はNETellerの口座を、
開設することを推奨しています。
(NETellerの口座は、
全てのオンラインカジノで使えるからです)

とうは言っても、
簡単にオンラインカジノを始めたい、
という方には、間違いなく、

ベラジョンカジノでしょう!

日本で、スマホ対応のオンラインカジノといっても、
スマフォで、日本語対応のオンラインカジノは、
今まで、無かったのです。

それが、ベラジョンカジノの登場で、
日本人の誰もが、スマフォで、オンラインカジノを、
楽しめるようになったのですよ!

ようするに・・・

「スマホ対応+完全日本語対応」のオンラインカジノは
ベラジョンカジノ!!

スマホでアクセスしても、ブラウザゲームであるため、
HP画面をブックマークするだけで、

ソフトをダウンロードする手間もなく、
アプリ感覚で利用することが出来るんです!!

そして、クレジットカードで入金が出来、
オンラインカジノへGO!、、、です。

今のところ、
日本のクレジットカードで、
VISAのみとなっておりますが、
MASTERCARDも準備中とのことです。

スマホから新規アクセスをして、
新規アカウント登録→入金→プレイ、という一連の流れを、
スマホのまま進めることが出来るんです!!

どうでしょう、

ワクワクしませんか?

こんなに簡単に始めることが出来る、

ベラジョンカジノ!

新規登録は、こちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ワイルドジャングルカジノ ジャックポット続出!

最近、、、

ワイルドジャングルカジノ、、、

ワイルドジャングルカジノで、ジャックポットが出まくってます。

これでも、抜粋です。

中でも、このジャックポットは強烈でした!
2012年2月28日、ゴールドラリー、
$1,582,099.60(1億2700万円)


ここ最近のジャックポット
2013年8月13日、The incredible Hulk、$2,215.96(22万円)

2013年8月16日、MARVEL Roulette、$44,148.84(440万円)

2013年8月17日、MARVEL Roulette、$6,576.62(66万円)

2013年8月18日、Deuces Wild、$20,000.00(200万円)

2013年10月4日、WINNERS Club、$246,132.80(2470万円)

2013年10月25日、Safe Cracker、$47,088.08(470万円)

2013年10月26日、Magic Slots、$16,409.51(165万円)

そして、つい最近、

2013年12月5日、Deuces Wild、$4,325.18(44万円)

すごくないですか!

皆で、あやかりましょう!!!

カジノ法案部会が了承!

自民党:「カジノ解禁法案」を部会が了承、公明党などの動向焦点に

Bloomberg 11月22日(金)10時14分配信より

■11月22日ブルームバーグニュース
自民党は22日午前、内閣部会や国交部会などの合同会議を開き、
超党派「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連、会長・細田博之自民党幹事長代行)
が議員立法で今国会提出を目指すカジノ解禁法案の対応を赤沢亮正・
国土交通部会長らに一任した。会議後に赤沢部会長が明らかにした。

カジノ解禁法案について赤沢氏は「前に進めていい段階だ」と述べ、
法案の今国会提出に向け党内手続きを進める考えを示した。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
もっと早く進めるべきでした。(当サイト管理者の感想です)

来週以降の政調審議会、総務会を経て党として正式決定する。

公明党の山口那津男代表は18日、ブルームバーグ・ニュースのインタビューで、今国会法案提出に党内合意が得られるかどうかについて「限られた会期内で提出や推進にコンセンサスができあがるとは必ずしも思っていない」との見方を示した。
党内では「積極的な意見を述べる人もいるし、反対論を述べる人もいる状況だ」とも指摘した。
公明党もこの日、観光立国推進委員会や法務部会などの
合同会議を開く。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
いつもながら、公明党は煮え切らん態度。

民主党は、他党の批判だけ。昔の社会党と一緒。

議連が国会提出を目指している「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」の原案は、
許可を受けた民間事業者が国の認定を受けた地域でカジノ施設や宿泊施設などが一体となった「特定複合観光施設」を設置・運営することができる規定を盛り込んでいる。
現行の刑法でカジノは賭博に当たるため法整備が必要で、これまでも同議連を中心に解禁を目指す動きがあったが実現しなかった。

超党派議連には自民、民主、公明、日本維新の会、みんなの党、生活の党などの国会議員約170人が登録。
安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相が最高顧問に名前を連ねている。
12日の総会ではカジノ解禁法案を今国会に提出するため、各党内の手続きを進める方針を確認している。

このうち、日本維新の会は先の通常国会で議連の案と同趣旨の推進法案を独自に提出したことがあり、みんなの党も党の政策で「統合リゾート(IR)などの観光施設を整備」と明記している。

ここからは、管理者の意見!
はっきり言って、パチンコでは、出球を一度、違うものに変換して、
それを現金にしたり、現金交換所を外に持っていったりして、
無理やり運営してる現状で、姑息といやぁ~姑息。

しっかりカジノ法案を国会に通して、
さっさと「特定複合観光施設」を作る事!!!
っと管理人は思うのです。